話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
おっ!本♪
(トラックバック数:19140、ID:00187) ( 11月19日 10時17分 更新)



読んで感動した本、ほかの人にもぜひ読んで欲しい本などがあったときはトラックバックしてくださいね。感動をみんなで分かち合いましょう!(のほ本♪〜ゆこりん)
トラックバック先URL: 

19140件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

『古今盛衰抄』 田辺聖子 [KOROPPYの本棚 annex から]
歴史上の人物について、小説仕立てで紹介するエッセイ。 『小町盛衰抄 歴史散歩私記』の改題。 面白かったです。 史実、記録、作品をベースにしつつも、それにとらわれず、空想を膨らませていく。 小説仕立てでえがかれる人物たちは、生き生きとして、身近にいる人間のよう。 魅力的でした。 取り上げられたのは、スサノオ、卑弥呼、持統天皇、小野小町、紫式部、後白河院、淀君、井原西鶴、芭蕉、蕪村、一茶、喜多川歌麿、樋口一葉、桂春団治。 雑誌の編集テーマにそって選んだらしく、時代もばらばらで、多彩なメンバー。 句か  続きを読む
Date: 2017-11-19 10:17 ID: 24226053

ホワイトラビット(伊坂幸太郎) [のほ本♪ から]
人質立てこもり事件が発生!犯人は、職業はやばいが妻をこよなく愛する男だった。彼の要求は、ある男を捜して連れて来ること。警察は、必死に交渉を進めるが・・・。 ある家に押し入った男が人質を取り、要求を警察につきつける。男には男なりの事情があった。だが、人質側にも何か事情があるらしい・・・。そこに絡んできたのが例の黒澤だったことから、話はややこしくなる。一本道を歩いていたはずなのに、いつの間にか全く別の道を歩いていた。そんな感じだ。一体どこでどう作者にだまされてしまったのか?全ての謎が解き明かされた  続きを読む
Date: 2017-11-16 20:26 ID: 24225521

『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』 中村弦 [KOROPPYの本棚 annex から]
依頼者が望んだ以上の建物をつくりだせる建築家・笠井泉二。 彼の建物は「住む者の心を狂わせる」とのうわさもあって……。 第20回日本ファンタジーノベル大賞受賞作だそう。 初めは少しずつ、物語が進むにつれ、ぐっとファンタジー色が強まっていきました。 瓦斯燈、華族制度、鹿鳴館、帝国大学。 明治から大正の雰囲気たっぷりの時代小説で、美しかったです。 幻想的な建物とあいまって、独特の雰囲気。 妻子を犠牲にしなければならない理由はやや説明不足で、必然とまでは感じられなかったです。 Amazon で詳細を見る  続きを読む
Date: 2017-11-16 15:23 ID: 24225473

『大人の探検 古墳』 大塚初重・監修 [KOROPPYの本棚 annex から]
タイトル通り、実際に古墳を訪れながら学べる本。 にわか古墳ファンの編集者と、考古学の専門家との会話形式なので、深い内容もかみ砕いて説明。 初心者にもわかりやすく、楽しめました。 古墳といえば大量の埴輪ですが、誰がどのように作ったのか? 埴輪を作る工場など、今まで考えたことのない切り口も、面白かったです。 ひとつの石棺に、男性がふたり。 ひとりは女装で、足元にはわざと折られた冠が……など、そのまま小説になりそうな謎も。 古墳の形や成立した年代など、発掘によって得られた情報から、新たな歴史観が更新さ  続きを読む
Date: 2017-11-14 09:20 ID: 24225003

2017年10月 読書記録 [あ、痛っ。うつをの心 から]
 ども、うつをです。 10月の読書メーター読んだ本の数:0読んだページ数:0ナイ  続きを読む
Date: 2017-11-04 10:55 ID: 24222875

マスカレード・ナイト(東野圭吾) [のほ本♪ から]
若い女性の他殺体が発見された。死体発見のきっかけは、ウェブによる情報だった。情報者はいったい何者?そんな中、警視庁に密告状が!犯人は、ホテル・コルテシア東京のカウントダウン・パーティーに姿を現すという。はたして本当なのか?山岸と新田のコンビが復活!「マスカレードシリーズ」3。 女性の殺され方は不可解なものだった。なぜ犯人はそういう手段を取ったのか?その動機は?また、犯行の情報提供者はいったい誰なのか?あちこちに謎がちりばめられている。 ホテルのコンシェルジュの山岸尚美とホテルマンとして潜入捜  続きを読む
Date: 2017-10-30 23:35 ID: 24219902

『彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪』 青柳碧人 [KOROPPYの本棚 annex から]
算法が得意な彩菊は、いつも化け物退治に駆り出され……。 シリーズ第2弾。 化け物退治に、なぜか毎回、算法がからんでくる。 と、やや強引な展開ではあるものの、数学の問題が面白く組み込まれていて、今回も楽しかったです。 ラウスの定理のように、実際には難しい証明が必要で、作中の解説だけではもやもやするケースもありました。 が、おおむね、子どもや文系でもわかる内容。 特に最初の、碁石の問題などは、わかりやすくかつ鮮やかで、面白かったです。 たくましい彩菊に、人柄のいい半三郎とその家族。 化け物があらわれ  続きを読む
Date: 2017-10-29 15:14 ID: 24219555

『真夏の雷管』 佐々木譲 [KOROPPYの本棚 annex から]
工具を万引きした上、警察からも逃げ出した少年を探す、小島。 一方、佐伯と新宮は、園芸店から消えた硝酸アンモニウムを追っていて……。 道警シリーズ第8弾。 おなじみのメンバーが、それぞれの仕事をまっとうするうちに、ひとつの案件として収束していく。 少々都合がいいというか、うまくいきすぎる感は否めませんが、安定の展開でした。 犯人は特に隠されていないので、そこに至るまでの過程、メンバーそれぞれの地道な捜査ぶりを楽しみました。 爆発物の処理については、ちょっとベタすぎた気が。 Amazon で詳細を見  続きを読む
Date: 2017-10-27 14:56 ID: 24219181

この世の春(宮部みゆき) [のほ本♪ から]
  北見藩藩主の北見重興は、病を理由に代々の家老衆によって突然隠居させられる。彼は、藩主の別邸・五香苑の座敷牢に幽閉されるとこになった。だが、重興の不可解な病には、恐るべき真実が隠されていた・・・。。 重興の病の源には深い闇があった。作事方の家に生まれた各務(かがみ)多紀は、医師の白田登、いとこの田島半十郎、元江戸家老の石野織部らとともに、なんとか重興を救おうとする。そして、その闇の正体がしだいに暴かれていく。重興の身に起こったことはあまりにも衝撃的なものだった・・・。 五香苑での重興  続きを読む
Date: 2017-10-26 20:29 ID: 24219032

『麗しのドレス図鑑』 花園あずき [KOROPPYの本棚 annex から]
ドレス大好きな漫画家による、ドレスの歴史と変遷をまとめた図解資料集。 ドレスを描くための手順、フリルやリボンなど具体的パーツの描き方、各時代の服装をベースにしたアレンジなど、イラストを描く人向けの本。 ですが、絵を描かない人でも、楽しめる本でした。 ゴシック、バロック、ロココ……。 それぞれふわっとイメージは持っているものの、きちんとした定義はできなかったり、ごっちゃになっていたり。 それらがすべて、イラスト=図解されているので、とても分かりやすく、見ているだけで楽しかったです。 鹿鳴館時代は、  続きを読む
Date: 2017-10-24 08:38 ID: 24218492

リバース(湊かなえ) [のほ本♪ から]
深尾和久は、サラリーマンとして平凡な生活を送っていた。だが、そんな彼の生活を根底から揺るがすできごとが起こる。「深尾和久は人殺しだ」と書かれた告発文が届いたのだ。実は、彼には誰にも言えない秘密があった・・・。 深尾の学生時代の仲間たち。今はそれぞれ社会人として働いているが、深尾だけではなくその仲間たちにも告発文が届いていた。 学生時代のひとり友人の事故死。それは単なる事故死だったのか?他に何か真相が隠されているのか?告発文を書いたのは誰か?今頃何の目的で?疑問が膨らんでいく。深瀬はしだいに、  続きを読む
Date: 2017-10-21 20:06 ID: 24217922

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸 [KOROPPYの本棚 annex から]
圧倒的音楽小説。 2017年本屋大賞、第156回直木賞受賞作。 そこに至るまでの前ふりはなく、いきなり始まるピアノコンクール。 それでいて、コンテスタントそれぞれの個性や、抱えているものがきちんと描き分けられています。 読み応えのある作品でした。 弾き方や楽譜の解釈を、専門用語を駆使して説明するのではありません。 物語として、風景として、体験として、その音楽性を描いていく。 だからこそ、曲を知らなくても、ダイレクトに読み手も感じることができました。 音楽の描写が、素晴らしかったです。 長きにわた  続きを読む
Date: 2017-10-21 12:14 ID: 24217821

ねじとねじ回し(ヴィトルト・リプチンスキ) [のほ本♪ から]
「21世紀を目前にひかえて、ミレニアムを特集をするから記事を書いてくれないかな。」それが始まりだった。最高の道具について書いてくれという依頼に悩んでいる作者に、妻が言った。「ねじ回しよ!」まさか、ねじとねじ回しに壮大なドラマがあるとは・・・。興味深い歴史物語。 この1000年で最高の道具。まさかそれが、小さなねじとそれを回すねじ回しだとは思わなかった。けれど読み進めるうちに、これは本当にすごい発明だったのだと実感した。さまざまな道具の中から工夫されて生まれたねじ。最初は精度が悪く、作るのにも恐  続きを読む
Date: 2017-10-07 22:58 ID: 24214602

『風神雷神 雷の章』 柳広司 [KOROPPYの本棚 annex から]
俵屋宗達と名乗るようになった、残りの半生を描く。 『風神雷神 風の章』の続き。 後編も面白かったです。 芸術には、本人の能力だけではなく、パトロンも必要なのだ、と感じました。 一般的には金銭的支援を指しますが、宗達の場合は、刺激を与えてくれる人や、過去の名作に出会わせてくれる人。 今回であれば、烏丸光広です。 殿上人である彼の導きで、町人の宗達には本来見ることのできない、公家や寺や、はては禁中の所有物を閲覧し、そこから多くのことを学んでいく。 宗達のセンスが素晴らしいのはもちろんなのですが、その  続きを読む
Date: 2017-10-07 19:10 ID: 24214578

『風神雷神 風の章』 柳広司 [KOROPPYの本棚 annex から]
大旦那・仁三郎に絵の能力を買われ、扇屋〈俵屋〉の養子となった、伊年。 しょっちゅう自分の世界に入ってしまうため、まわりから頼りないと思われていて……。 琳派の祖・俵屋宗達の半生を描いた、歴史小説。 後半は、下巻『風神雷神 雷の章』にて。 引き込まれる物語でした。 ふだんはちょっと抜けた、とぼけた雰囲気なのに、絵に向き合うときの没頭ぶりがすさまじい。 主人公がまず、魅力的でした。 もちこまれるひとつひとつの案件が、絵師としての課題をつきつけ、自らが成長することで、伊年は新しいステージへと進んでいく  続きを読む
Date: 2017-10-03 19:02 ID: 24213656

2017年9月 読書記録 [あ、痛っ。うつをの心 から]
 ども、うつをです。 9月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:512ナ  続きを読む
Date: 2017-10-01 10:12 ID: 24213101

『猫除け 古道具屋 皆塵堂』 輪渡颯介 [KOROPPYの本棚 annex から]
借金を返すため、母と妻を村に残し、3年間の出稼ぎを勤め上げた、庄三郎。 村に戻った彼が知った事実は……。 「丑の刻参りの女」「曰く品の始末の仕方」「憑いているのは」「頭の潰れたふたつの屍体」「猫除け根付」の5編。 シリーズ第2弾。 何でも売っているはずなのに、なぜかほしいものは見当たらない。 しかも、いわくつきの品を引き取るお店・皆塵堂。 気が滅入るような現実に、ぞくぞくする幽霊のあらわれる場面。 怖い要素もあるのですが、それ以外はとぼけた味わいなので、作品全体の雰囲気としては明るいです。 幽霊  続きを読む
Date: 2017-09-25 17:22 ID: 24211882

『科学者18人にお尋ねします。宇宙には、だれがいますか?』 監修・佐藤勝彦/編集・縣秀彦 [KOROPPYの本棚 annex から]
地球生命体は、どこからきたのか? 地球外生命体が発見されるのは、どんな所なのか? など、〈アストロバイオロジー〉関係の研究者へ、8つの質問でインタビュー。 面白かったです。 読者は一般人を想定しているようで、どの方もかみ砕いた説明で、わかりやすかったです。 (ひとりだけ、例外はありましたが……) 〈アストロバイオロジー〉とは、宇宙における生命の研究のこと。 それぞれの専門分野は異なり、同じ質問でも見解が異なったりします。 どういう論理、根拠から、その見解を導き出しているのか。 違いを読み比べるの  続きを読む
Date: 2017-09-17 16:22 ID: 24210315

『盤上の向日葵』 柚月裕子 [KOROPPYの本棚 annex から]
白骨死体が抱いていたのは、7組しか存在しない、最高級の将棋の駒。 ベテラン刑事の石破と、かつて奨励会にいた若手刑事の佐野は、菊水月作の駒を追いかけてゆく。 ひとりの棋士の人生を描いた、読み応えのある物語でした。 容疑者や、ある程度の事件の構図や流れは、途中で見えてきます。 筆者も隠しているわけではなさそうで、謎解き(ミステリ)ではないような。 どうして、冒頭のシーンに至ってしまったのか? そこまでの歩み、将棋の面白さを、じっくり読ませる物語になっていました。 命のやり取りに匹敵する、真剣師たちの  続きを読む
Date: 2017-09-15 21:27 ID: 24209972

月の満ち欠け(佐藤正午) [のほ本♪ から]
「月のように、死んで生まれ変わる。」月の満ち欠けのような、人のそういう生き方死に方はあるのか?瑠璃というひとりの女性の生まれ変わりを通して、生と死を問いかける作品。第157回直木賞受賞作品。 神さまが選ばせた二種類の死に方。ひとつは、自分は死んでも子孫を残す。もうひとつは、月のように、死んでも何回も生まれ変わる。三角と出会い三角を愛した瑠璃は、何度も生まれ変わる。だが、はたしてそれは瑠璃の幸せなのか?自分の愛する娘が誰かの生まれ変わりで、その誰かの想いを成就するためだけに生きているとしたら、両  続きを読む
Date: 2017-09-13 20:17 ID: 24209547

19140件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード